遮熱塗料で快適に

夏場になると、太陽光の影響により室内は蒸し風呂状態に。

地球温暖化の影響もあり、年々夏の暑さは厳しくなっています。

クーラーをかけてもまったく効かないと思うことはありませんか?

厳しい太陽の光は、日中だけでなく夜になっても冷めることはなく、就寝中の熱中症も社会的な問題となっています。

健康を維持するためにも、遮熱塗料による外壁塗装をしませんか?

遮熱塗料による外壁塗装をすることで、夏の暑さを軽減させるだけでなく、光熱費の節約や省エネにも非常に効果的です。

◎遮熱塗料とは?

遮熱塗料とは、太陽光の熱エネルギーである赤外線を反射させる成分を含む塗料のことです。

遮熱塗料を使用することで、屋根や外壁の表面温度を下げ、室内の温度上昇を抑えてくれます。

◎遮熱塗料のメカニズム一般塗料であってもある程度の遮熱効果はありますが、夏の強い日差しには太刀打ちすることはできません。

遮熱塗料は、屋根や外壁に降り注ぐ太陽光を効率的に反射させます。

セラミックビーズを用いた遮熱塗料であれば、ランダムにびっしり敷き詰められたセラミックビーズによって光の反射面を広げるだけでなく、侵入しようとする熱を複雑に屈折させ、威力を落とします。

結果、大幅な遮熱効果を発揮し、屋根や外壁の表面温度を最大20℃も下げることが可能なのです。

一般塗料を使用した屋根の場合、夏場の表面温度は70℃以上にもなると言われています。

遮熱塗料を使うことで室内温度は3~10℃も下がるため、かなり快適に生活できることが期待できます。

◎遮熱塗料の優れている点もっとも優れている点は、やはり室内温度の低下です。

夏場の室内温度が下がることで、健康を害することなく生活することができます。

また、クーラーの温度を下げ過ぎることがないため、省エネ効果も大きくなります。

現在、日本では電力不足により省エネが叫ばれています。

遮熱塗料を使うことで、大幅な節電対策をすることができるのです。

もちろん光熱費を節約することもできるので、家計の負担も抑えることが可能。

施工後のメリットは数えきれないぐらいあるのが遮熱塗料なのです。

◎遮熱塗料はどんな建物に効果的?

夏の温度が高いエリアの建物には非常に大きな効果をもたらします。

また、紫外線の影響を受けやすい屋根のない住宅や公営施設にも効果的。

遮熱塗料はあらゆるタイプの屋根や外壁に施工することができるため、エリアや建物に関係なく、省エネや節電対策のためにぜひ使用してほしい塗料です。

夏場の気温はこれからもどんどん上がっていくことが予想されます。

遮熱塗料はもっとも簡単な避暑方法。

熱くなる前に遮熱塗料による塗装を考えてみませんか?

This entry was posted in 生活. Bookmark the permalink.

Comments are closed.